エール学院は、プロ講師による個別指導塾。中学受験、高校受験、大学受験、英検の対策など。御殿場、三島、裾野、伊豆の国、函南の塾。

入塾相談を随時受け付け。土・日・祝もお気軽に!

「英検」が大学受験に。

エール学院の教室

大学入試の英語を、民間試験で代用しようという動きが、議論されています。
先日、大学入試センターが、代用可能と認めた民間試験を発表しました。
英検、TEAP、TOEFLなどが選ばれています。
実際には、TOEFL、IELTSは、英語圏の大学に留学する生徒が受験する試験であり、問題傾向が特殊のため、一般の高校生には難しく感じるでしょう。
従って、ほとんどの受験生は、英検やTEAPを検討することになると思います。
大学受験での活用方法は、検討中です。
国立大学では、並行して実施される共通テスト(センター試験の代わり)に点数を加算する方式や、出願条件として設定する方式を検討しています。
一方で、民間試験は活用しないと発表する大学も出ています。
民間試験は、各試験で難易度や傾向、受験料、受験可能な場所などが異なるため、公平性の観点で、問題提起がなされています。
民間試験の導入は決定していることですが、今後、どのように入試に取り入れられるのか、注視が必要です。