教科書の理解を第一の目標にしています。学校の授業の予習や復習を行い、定期テスト、学調、高校入試に備えます。全科目、全レベルに対応しています。

教科書の理解

静岡県の高校受験は、学校の成績重視

静岡県の高校受験は、中学校の成績が重視されます。そのため、当塾では、次のテストに向けて、日々の授業を行っています。学校の授業の予習・復習を行い、またテスト直前期には実践的なテスト対策を行い、学校のテストに備えます。

理科・社会の対策は…

当塾は、5科目全てに対応していますが、通常授業として毎週受講するのは、2科目程度が一般的です。そこで、当塾では、学校の長期休み中やテスト直前期に、自由に科目を追加できるようにしています。特に、理科・社会は、テスト前に限り、1回1,100円でテスト対策授業を実施しています。

学調や高校入試に向けて

もちろん、定期テストだけではなく、学調や高校入試の対策も行っています。学調や高校入試は、定期テストとは、試験の傾向が異なります。記述問題が多いのが特徴とも言えます。学調・高校入試前には、各試験に特化して対策をして、成績アップ、志望校合格を目指します。

オーダーメイドのカリキュラム

学校の授業に合わせるとはいえ、予習をするのか、復習をするのかは、生徒の学力・定着度によって担当講師が判断します。基礎力に不安がある生徒には、過去の範囲にさかのぼって指導し、基礎学力の底上げを目指します。

私立中学校の教科書にも対応

日大三島、不二聖心、暁秀など、私立中学校の授業は、公立中学校と大幅に異なります。学校にもよりますが、中学2年生か3年生には、高校1年生の学習に入ることもあります。当塾では、各中学校の教科書、副教材、プリント教材などに沿って、授業を進めます。学校の授業の予習・復習を行い、定期テストに備えています。また、一貫校のメリットを生かし、中学生のうちから、大学受験を意識した対策を始めることも出来ます。

英検の対策

英検の対策です。定期テスト対策と並行して、英検対策の授業を進めることも出来ます。

MEMO

ほとんどの私立高校は、英検3級保持者を優遇しています。大学受験でも、英検を使った入試が拡大しており、今後、国公立大学を中心に、英検などの民間試験の受験を義務づける動きも出ています。