エール学院は、プロ講師による個別指導塾。中学受験、高校受験、大学受験、英検の対策など。御殿場、三島、裾野、伊豆の国、函南の塾。

入塾相談を随時受け付け。土・日・祝もお気軽に!

高校英語の「時制」を考えよう。

エール学院の小澤です。
塾の講師らしく、たまには授業っぽい話題を。
高校英語の単元で、「時制」があります。
1年生の1学期に学習するので、次のテストで範囲になる生徒も多いと思います。
大学受験でも、超頻出の単元です。
次の問題を見て下さい。
The woman decided to wait at the library until her husband _____ .
[1] came
[2] come
[3] has come
[4] will come
立教大学で、今年、出題された入試問題です。
「時制」は、「時」を表すのが仕事です(当たり前ですね・・・)。
ですから、問題を解く際は、問題文の「時」を考えて下さい。
「いつのことを言っているのか」が分かれば、時制が決まるはずです。
「時」には、大きく3種類があります。
「未来」「現在」「過去」です(これも、当たり前ですね・・・)。
それでは、問題文の「時」を考えてみて下さい。
「decided」に注目。
ここから、この文は「過去」を表していることが分かりますね。
次に、選択肢を見てみましょう。
1番のcameは過去形、「過去」を表します。
2番のcomeは現在形(原形)、「現在」を表します。
3番のhas comeは現在完了形、これも現在完了形ですから、「現在」を表します。
4番のwill comeは未来形、「未来」を表します。
「過去」を表している選択肢は・・・1番です。
ということで、1番が正解。
時制の問題を解くときに、「未来」「現在」「過去」を考えるのは、非常に重要です。
「電車に乗るときには、切符を買う」のと同じぐらい、重要なことです。
でも、これをやらない人が意外と多くいます。
もちろん、実際の時制は、もっともっとやることが有ります(塾の授業の中で、教えます)。
ただ、「未来」「現在」「過去」を考えるだけでも、結構、解けてしまう問題もあります。
高校生(大学受験生)は、非常に多くのことを理解し、憶える必要があります。
これを、一つ一つ見ていくのは、もの凄く大変です。
そこで、効率良く、分かりやすく、そして簡単に、皆さんに教えるのも塾講師の仕事です。