エール学院は、プロ講師による個別指導塾。中学受験、高校受験、大学受験、英検の対策など。御殿場、三島、裾野、伊豆の国、函南の塾。

入塾相談を随時受け付け。土・日・祝もお気軽に!

暗記力=継続力。

生徒

大学受験で必要な英単語数は、中学校で習う単語を除くと、1,500語から5,000語ほどと言われています。
これをセンター試験までに、しっかりと憶えておかなければなりません。
高校2年生は、センター試験まで、あと1年半ほど、約550日です。
3,000語憶えるとしたら、1日6語ずつ憶える計算です。
入試までに最低3週はしたいので、こうなると1日17語です。
ちなみに、2年生の1月から暗記を開始すると、1日の暗記語数は25語に増えます。
人は、一回憶えても、すぐに忘れてしまいます。
昨日の夕食のメニューは憶えていても、1週間前の夕食のメニューは憶えていますか?
2週間前、3週間前、1ヶ月前は……?
実際には、3日前でも思い出すのは難しいでしょう。
それでは、今日の夕食のメニューを、1週間後まで憶えておくためには、どうすれば良いでしょう?
答えは、簡単です。
毎日、寝る前と起きた後、夕食のメニューを言ってみて下さい。
きっと、1週間後にも憶えているでしょう。
これが、暗記するということなのです。
暗記は、継続力です。
1日のノルマを決め、毎日毎日、継続して憶えましょう。
1日でもサボると、すぐに忘れてしまいます。
ちなみに、高校3年生は、センター試験まで、あと210日ほどです。
3,000語を3周するのなら、1日のノルマは43語です。
当たり前ですが、スタートが遅れれば、1日のノルマはどんどん増えます。
1年生も、2年生も、3年生も、今日から始めましょう!
プロ講師による個別指導塾《エール学院》
学院長 小澤典生