エール学院は、プロ講師による個別指導塾。中学受験、高校受験、大学受験、英検の対策など。御殿場、三島、裾野、伊豆の国、函南の塾。

入塾相談を随時受け付け。土・日・祝もお気軽に!

今年の中学受験を分析。

静岡県の中学受験が、ほぼ終わりました。
今年の中学受験者数は、2227名(一部未確定分あり)。
平成22年が2060名、23年が2040名ですから、200名近く受験者が増えたことになります。
それに伴って倍率も高くなっており、日大三島が1.6倍、暁秀が1.64倍です。
日大三島は平成22年は1.07倍でしたから、かなり受験者数が増えました。
暁秀は、ここ3年間は安定した倍率になっています。
県東部では唯一の苦戦となったのは、不二聖心。
平成22年1.48倍、23年1.28倍、24年1.11倍なので年々受験者が減っています。
「お嬢様校(=学費が高い)」と言うイメージがあるため、景気が悪くなると人気が低くなるのかもしれませんね。
不二聖心は、県東部3校の中では少し独特の教育をしています。
キリスト教系の学校として「人間教育」を大切にしており、海外語学研修やボランティア活動を積極的に取り入れています。
また、併設校として聖心女子大が設置されており、大学への道はしっかりと繋がっています。
中学受験を考える生徒は、注目校と言えそうですね。
景気の影響を受けやすいのが、中学受験です。
今年は景気の回復を受けて受験者数が増加していますが、消費税増税が控えるなど経済の不安要素は依然として残っています。
景気が下降すると、受験者数が減り、倍率が低くなり、難易度が易化します。
中学受験を考えている人たちは、実は経済状況を見るのも大切なことなのです。
エール学院は、地域密着の塾です。
不二聖心、日大三島、暁秀の中学受験はお任せ下さい。
もちろん、静岡市周辺や首都圏の私立中学、公立中学の受験対策も受け付けています。