英作文のコツ。

プロ講師による個別指導塾《エール学院》の小澤です。
大学受験で、英検やTOEFLなどの民間試験を活用することが決まっています。
おそらく、多くの生徒が苦労すると思われるのが、英作文です。
英作文は、公立高校の入試でも、必ず出題されます。
特に、今年の高校入試の問題は、難しいと感じた生徒が多かったでしょう。
英語には、必ず、主語と述語(動詞)があります。
一方で、日本語は、主語を頻繁に省略します。
A:「昨日どこ行ったの?」
B:「東京に行ったよ」
この会話の中には、両方とも、主語が登場していません。
A:[昨日、あなたはどこ行ったの?」
B:[私は、東京に行ったよ」
主語を入れるとしたら、このようになるでしょう。
英語は、通常、主語を省略することはありません。
このため、日本語の感覚で考えていると、英作文は完成しません。
英作文をするときは、「主語」と「述語」を意識すると、書きやすくなります。
特に中学生は、主語と述語を意識してないがために、戸惑う生徒を多く見かけます。
主語と述語を考えながら、練習してみましょう。