エール学院は、プロ講師による個別指導塾。中学受験、高校受験、大学受験、英検の対策など。御殿場、三島、裾野、伊豆の国、函南の塾。

入塾相談を随時受け付け。土・日・祝もお気軽に!

大学受験は難しくなるの?

プロ講師による個別指導塾《エール学院》の小澤です。
2020年度から、センター試験(大学入試)が変わることは、大きく報道されていますよね。
簡単に言えば、現行のマーク式から、記述式を交えた方式に変更になります。
国語や数学は、各3問程度の記述式問題を導入し、試験時間を10分~20分程度、長くする案が出ています。
英語は、英検、TOEFL、TOEICなどの、民間資格を活用する案が浮上しています。
英語については、英検、TOEFL、TOEIC、全ての試験に、当塾では対応しています。
私自身もアメリカの大学に入学するとき、TOEFLを受験しました。
TOEICは、主にビジネス上でのコミュニケーションが想定されており、高校生が受験すると考えると、少し違うような気がします。
TOEFLは、アメリカやカナダなどの大学に、外国人が入学をする際、英語力の証明として使われます。
大学英語に耐えうるかを確認するのが目的ですので、かなり難易度の高い試験です。
高校の英語教育ではカバーできていない範囲があり、試験形式が独特なため慣れるのにも時間がかかります。
ということで、仮に選べるのであれば、英検を受験するのが、一番良いでしょう。
英検は、日本生まれの、日本人のための試験のため、日本の英語教育とは親和性が高いです。
面接試験は有りますが、現行の大学入試とも似通っています。
英検が大学入試に使われる可能性は、かなり高いと思いますので、小学生・中学生は、計画的に受験しておくと良いでしょう。