エール学院は、プロ講師による個別指導塾。中学受験、高校受験、大学受験、英検の対策など。御殿場、三島、裾野、伊豆の国、函南の塾。

入塾相談を随時受け付け。土・日・祝もお気軽に!

中学と高校の違いとは?

エール学院の小澤です。
新高校1年生の皆さん、入学おめでとうございます。
中学までと高校には、非常に大きな違いが有ります。
よく言われるのは、「高校は義務教育では無い」ということ。
成績が悪ければ留年することもありますし、何らかの理由で退学する人もいます。
もっと身近なことで考えると、勉強が急激に難しくなります。
特に進学校は、教科書の最初の単元は、独学で勉強するように言われるケースも有ります。
私の担当である英語で見てみます。
英語については、最初の1年間は、文法をしっかりと学習します。
ただ、全く新しいことをやるのでは無く、中学の応用だと考えましょう。
中学2年生で学習した不定詞、比較、中学3年生で学習した関係代名詞、分詞などは、高校でも再登場します。
時制(現在形、過去形…など)は、大学受験でも超頻出の単元です。
この様に考えると、高校での学習の第一歩は、「中学の復習」だと言えそうですね。
さて、エール学院では、高校の教科書や授業に沿って、塾の授業を進めています。
もちろん、中学の復習、大学受験の対策にも対応しています。
塾見学、授業見学は随時受け付けていますので、お気軽にお問い合わせ下さい。