エール学院は、プロ講師による個別指導塾。中学受験、高校受験、大学受験、英検の対策など。御殿場、三島、裾野、伊豆の国、函南の塾。

入塾相談を随時受け付け。土・日・祝もお気軽に!

大学受験生の英語の授業。

プロ講師による個別指導塾「エール学院」の小澤です。
エール学院は、創業以来、高校生が多く通塾しています。
その為か、私は、中学生よりも高校生を担当することが多く、特に大学受験生の比率が高くなっています。
大学受験生のうち、数名は高校1年生から2年生中旬ごろまでに入塾した生徒です。
これらの生徒は、既に基礎固めがある程度終わっており、実践演習の授業に移りつつあります。
今までは、単元別に問題を解いていたのですが、
実践形式になると単元の括りが無くなり、いろいろな単元が入り乱れることになります。
となると、以前は解けていた問題が、解けなくなる…という現象が起きます。
大学入試では、どんなに各単元を理解していたとしても、入試問題が解けなければ成功できません。
その為には、「理解する」から一歩進んで、「解ける」にまで到達する必要があるのですね。
授業が「実践演習」に入ったということは、[単元別の理解]から、[問題の解き方を習得する]ことを中心にした授業に、切り替わったと言うことです。
この授業を乗り越えた生徒は、偏差値が一気に上昇することも珍しくありません。
大学受験生は、これからが勝負です。
エール学院でも、受験生一人ひとりにオーダーメイドのカリキュラムを作成し、受験生のサポートをしています。