英検・TEAP・TOEFL・TOEIC対策

英検・TOEFL・TEAPなどの対策
英検、TOEFL、TEAPなどの検定試験の対策です。最近、民間試験が、大学入試に積極的に取り入れられています。大学が指定する級や点数以上で、英語の試験が免除されることもあります。

英検・TOEFL・TEAPなどの対策

どの試験も、ライティング、リーディング、リスニング、スピーキングの4技能を、バランス良く出題しています。ただし、それぞれの試験で、出題傾向や難易度が異なるため、各試験に合わせた対策が必要です。当塾では、生徒一人ひとりの学力、目標とする点数や級に合わせて、個人別のカリキュラムを作成し、授業を進めます。

大学入試での活用

活用方法

現時点では、大学により、活用方法が異なります。一定以上の点数や級を持つ生徒を対象に、AO入試・推薦入試を行う大学、また一般入試において英語の試験を免除したり、大学が定める点数に換算したりする大学もあります。募集要項で確認するようにしましょう。2020年度からは、民間の試験が本格的に大学入試に導入されることになっています。

試験の種類

英検、TEAP、TOEFL、iELTS、TOEICが代表的でしょう。英検は有名ですので、説明するまでも無いでしょう。TEAPは、上智大学と英検を主催する日本英語検定協会が共同開発するテストです。大学入試を念頭に作られており、日本の英語教育にも対応しているため、対策がしやすいでしょう。TOEFLとIELTSは、英語圏の大学に入学する際、英語能力の証明として使われる試験です。大学留学を想定しているため、英検やTEAPに比べて、難易度が高めです。また、大学の授業や教科書を題材にリスニング・リーディング問題が作られており、一般的な高校生は、解きにくいと感じるでしょう。TOEICは、ビジネス上の英語力を測る試験です。

どの試験を受験するべき?

大学によって、認められている試験が異なります。募集要項で確認して下さい。複数の試験から選べるのなら、過去問題やサンプル問題を見て、解きやすいと思う試験を選べば良いでしょう。日本の英語教育と相性が良いのは、英検かTEAPです。特に、英検は、対策用教材が豊富に販売されており、勉強しやすいでしょう。大学留学後に、海外の大学に留学するのなら、TOEFLやIELTSを選んでも良いかもしれません。